bitcoinの過去データをダウンロードする

ビットコイン

過去データのダウンロード

ビットコインの過去の値動きを分析したいとき、bitcoincharts.comからデータをダウンロードすると便利です。このサイトでは、様々な国内外の取引所のデータが置かれています。下記のPythonコードは、Bitstampでの値動きをダウンロードして、dataframeとして読み込む方法です。

import pandas as pd

!wget --no-check-certificate https://api.bitcoincharts.com/v1/csv/bitstampUSD.csv.gz
df = pd.read_csv('bitstampUSD.csv.gz')
df.columns = ['datetime', 'price', 'amount']
df['datetime'] = pd.to_datetime(df['datetime'],unit='s')
df = df.set_index('datetime')
df.head()

ティックからローソク足への変換

bitcoincharts.com にはティックデータが置かれています。このため、 dataframe の行数が巨大になり、データ分析での処理も大変です。任意時間のローソク足に変換したいとき、次のPythonコードを使います。ここでは、1行目で2019年からのデータに限定し、2行目で1分足に変換しています。

df=df['2019-01-01 00:00:00':]
df=df['price'].resample('60s').ohlc()
df.head()

ビットコイン取引が初めての方はCoincheckがおすすめです。スマホで簡単に申し込むことができます。以下のバナーから申し込むことができます。

コインチェック コインチェック

本サイトの内容は、投資の勧誘を目的としたものではなく、本サイト内の情報に基づいて行った取引の損失について、本サイトは一切の責を負いかねます。当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。免責事項もご覧ください。

ビットコイン
AIでFX

コメント

タイトルとURLをコピーしました