ビットコインの統計②(変化率の分布の推移)

ビットコイン

ビットコインの統計①でビットコインの変化率の分布を見ました。この時は約10年間の値動きを全て用いて分布を作成しました。しかし、ビットコインの価格はこの間に大きく変化しているため、統計も変化しているかもしれません。今回は、値動きの統計的な性質が長期的に変化しているかを調べます。

過去10年分の値動きを2年毎に分けて、各2年間の変化率の分布を下図に示します。2013年までと2014年からの分布は大きく違いがあり、 2013年まで の方が値動きが大きい事が分かります。ビットコインの価格が大きく上昇しているにも関わらず、2014年から現在までの分布は、各年でほとんど変化がないようです。

ビットコイン取引が初めての方はコインチェックがおすすめです。スマホで簡単に取引開始することができます。以下のバナーから申し込むことができます。

コインチェック コインチェック

本サイトの内容は、投資の勧誘を目的としたものではなく、本サイト内の情報に基づいて行った取引の損失について、本サイトは一切の責を負いかねます。当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。免責事項もご覧ください。

ビットコイン統計的性質
AIでFX

コメント

タイトルとURLをコピーしました